TOEICの得点を高める手段、ビジネス英単語

TOEIC試験にはある特徴があります。ビジネスシーンを想定した問題が出されることが圧倒的に多いです。例えば、ビジネスでホテルに泊まったり、レストランで食事するといったようなシチュエーションが必ずといってよいほど出題されます。ビジネスマン向けの英会話教材というものが無数に発売されています。これらの教材を購入して学習するか、お金のない人だったらネットで適切な教材を見つけ出すことも案外簡単にできます。ビジネスの場面で使われる言葉は、意外と狭い範囲です。したがって、ビジネスシーンで使われる英単語だって、かなり限定的です。限定的というのは数が少ないという意味ですが、それにしても、それらを暗記する努力をする必要はあります。こちらも市販の教材本を購入するか、お金のない人はネットで適切なサイトを探せば必ず見つけることができます。

TOEICの得点を高める手段、リスニング問題

TOEICの得点を簡単に高める手段としておすすめしたいです。過去2回試験を受けたので、コツみたいなものが身体に染みついています。TOEIC試験はリーディング問題とリスニング問題の二部より構成されます。リーディング問題で高得点をいきなりあげるのは無理です。というのは、文章自体に、かなり難しいものも含まれているからです。自分の読解能力以上の成績は、あまり期待できません。リスニング問題は違います。リスニング問題の答えの選択肢として、英文スクリプトが記述されていますが、このスクリプトはリスニング試験開始前に目を通すことができます。そこで、これから聞こえてくるリスニング試験の内容を予測することができます。少なくとも、何に関する話題であるかは、すぐに察知することができます。これから流れてくる音声の内容が事前に察知できていれば、リスニング理解も容易です。

TOEIC対策の勉強法

TOEICは英語を使う外資系企業などでは高得点を持っていれば評価が高い資格です。730点以上あれば、海外でも働けるレベルとして一定の評価を受けるようです。英語学習には様々な方法があります。オンライン英会話、文法書、単語帳、洋書を読む、英語のラジオを聞く、映画を見るなどです。人それぞれ自分にあった英語の学習法があります。真剣に取り組めばどんな方法でも英語力は上がってきます。しかし、TOEICで点数をとろうと思ったら、対策をしなければ点は取れません。日常会話がスムーズにできる人でも、対策をしないで試験を受けたら、思ったように点が伸びなかったとうことはよくあります。点数を上げるには、TOEIC対策の教材を買って勉強しなければなりません。試験一か月前には予想問題を時間を計りながら解いた方が良いです。試験の形式になれることが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOEICに関するニュースを公開しています